1 介護保険要介護(要支援)認定対象者

 ・65歳以上の方(第1号被保険者)

 ・40歳以上65歳未満(第2号被保険者)で特定疾病を有する方

  特定疾病については「介護保険制度の概要【第2号被保険者】」を参照ください。

  ※東大和市外の住所地特例施設にご入所されている方は、引き続き東大和市が保険者となります。

2 提出書類

 ・介護保険 要介護認定・要支援認定 申請書

 ・東大和市認定調査アンケート

 ・介護保険被保険者証の原本(第2号被保険者の場合は、併せて医療保険証の写し)

  ※第2号被保険者の新規申請時は、介護保険被保険者証が未発行のため、医療保険証の写しのみご提出

  ください。

  ※紛失等により介護保険被保険者証の提出ができない場合は「介護保険 被保険者証等再交付申請書」

  ご記入のうえご提出ください。

3 申請方法

 下記のいずれかの方法によりご申請ください。

 (1)東大和市役所2階6番(高齢介護課)窓口に来庁し申請する。

  ※本人以外にも、親族、法定代理人による申請が可能です。

(2)「東大和市福祉部高齢介護課介護認定係」宛に郵送で申請する。

(3)対象者のお住まいの地域を担当する「高齢者ほっと支援センター(地域包括支援センター)」に依

  頼し代行申請する。

 ※代行申請については、「高齢者ほっと支援センター(地域包括支援センター)」の他、指定居宅介護

 支援事業所、介護老人福祉施設、介護老人保健施設、介護療養型医療施設、介護医療院でも依頼するこ

 とができます。介護老人福祉施設、介護老人保健施設、介護療養型医療施設、介護医療院からの代行申

 請の場合、認定対象者が上記施設に入所している必要があります。

4 申請後の流れ

 (1)認定調査

   申請後、事前に対象者本人又は調査同席者等へ日程調整を行い、心身の状態等把握のため、認定調査を

  実施します。

 (2)主治医意見書

  申請時ご依頼いただいた医療機関の主治医宛に、市より主治医意見書の作成を依頼します。

   ※主治医の判断、医療機関への直近の受診がない等の場合には、主治医意見書作成のための受診が必要

   になる場合がありますので、事前に主治医にご確認ください。

   ※(1)(2)は申請後並行して実施します。

 (3)一次判定

  認定調査票及び主治医意見書より、コンピュータによる判定を行います。

 (4)二次判定

   一次判定結果、認定調査票の特記事項及び主治医意見書の内容等から、介護認定審査会において審査、

  判定を行います。

 (5)認定結果の通知

   二次判定を行い、認定結果を確定した後、市より認定結果通知書および新しい介護保険被保険者証等を

  郵送いたします。

 (6)サービスの利用

  ・認定結果が「非該当(自立)」の方

   お住まいの地域を担当する「高齢者ほっと支援センター」にご連絡ください。

   「基本チェックリスト」を実施し、生活機能の低下を調べます。

   生活機能の低下がみられる方については、「介護予防・日常生活支援総合事業」を利用できます。

   詳しくは「総合事業」のページを参照ください。

  ・認定結果が「要支援1又は2」の方

   お住まいの地域を担当する「高齢者ほっと支援センター」にご連絡ください。

   介護予防サービス計画(介護予防ケアプラン)を作成し、介護予防サービスの利用ができます。

   詳しくは「要支援1・2と認定された方が利用できる介護予防サービス」のページを参照ください。

  ・認定結果が「要介護1から5」の方

   利用できるサービスは居宅サービスと施設サービスに区分されます。

   詳しくは「要介護1から要介護5と認定された方が利用できる介護サービス」のページを参照くださ

   い。