新型コロナウイルス感染症の発生の状況を踏まえ、臨床個人調査票等の取得のみを目的とした受診を回避するため、現在お持ちの各受給者証等の有効期間を1年間延長します。

対象となる方

1.国の指定難病の認定患者のうち、特定医療費(指定難病)受給者証の有効期間が令和2年3月1日から令和3年2月28日までの間に満了する方

2.東京都単独疾病の認定患者のうち、マル都医療券の有効期間が令和2年7月31日で満了する方

更新手続について

受給者証等の更新申請をされていない方は、更新手続の書類を提出していただく必要はありません。

各受給者証等の取扱い

6月下旬以降、有効期間が終了している方から順に、有効期間を1年間延長した受給者証等が東京都から送られる予定です。
新しい受給者証が届くまでは、現在お持ちの受給者証を使用して受診することができます。