今般の新型コロナウイルス感染症の発生状況等を踏まえ、診断書等の取得のみを目的とした受診を回避するため、診断書の提出を猶予できます。

手帳の有効期間が令和2年3月1日から令和3年2月28日までにある方のうち、更新時に医師の診断書を提出する必要がある方につきましては、診断書の提出を1年間猶予した上で、更新手続を行うことができます。

更新手続について

今年更新手続の必要な方は

1.本人の顔写真(タテ4センチ、ヨコ3センチ) 

2.印鑑

をご持参の上、障害福祉課へ申請してください。

※診断書の提出を猶予して申請された場合、等級は現在のままとなります。等級が変更となる場合は診断書が必要になります。

※障害年金を受給されている方は、従来通り年金証書の写しで申請できます。

※更新手続後、1年以内に診断書の提出がなかった場合、精神障害者保健福祉手帳は失効します。