使い捨てコンタクトレンズ空ケースを回収しています!

 市では、HOYA株式会社アイケアカンパニー(コンタクトのアイシティ)と協定を締結し、公共施設及び市内の中学校にて、使い捨てコンタクトレンズ空ケースリサイクル事業を実施します。

 空ケースはメーカーを問わず、単一素材のため、リサイクルに適しています。

 毎日使う、使い捨てコンタクトの空ケースを最寄りの回収場所に持参する、気軽に始められるリサイクルです。

 参考URL:アイシティ「ecoプロジェクト」

回収場所

市役所ごみ対策課(3階8番窓口) 中央公民館 狭山公民館 蔵敷公民館 奈良橋市民センター
上北台市民センター 桜が丘市民センター 南街市民センター 向原市民センター 清原市民センター
第一中学校 第二中学校 第三中学校 第四中学校 第五中学校

なお、中学校の回収は、生徒等学校関係者を対象にしています。一般の方は、公共施設をご利用ください。

回収方法

回収場所に設置されている回収ボトルまたは回収ボックスに、空ケースを直接入れてください。

     

イメージ

▲回収ボックス

 

 

 

▲回収ボトル

寸法 高さ:76.5cm 幅:40cm  高さ:17cm 幅:9cm
容量 約7,000個 約80個

 

 

回収できるもの・できないもの

<回収できるもの>      

  

 

<回収できないもの>

  

▲中にレンズ本体が入っているもの       

  

▲ケースのふたが残っているもの

事業の概要  

本事業は、東大和市とHOYA株式会社アイケアカンパニーが協働して行う、使い捨てコンタクトレンズ空ケースの回収・再生事業です。

それぞれの役割

東大和市
  • 事業の周知
  • 適正排出の広報
HOYA株式会社アイケアカンパニー
  • 回収ツールの提供・運用
  • 回収費用の負担

協定締結式の様子

令和元年10月24日(木)に、東大和市とHOYA株式会社アイケアカンパニーは、連携して使い捨てコンタクトレンズ空ケース回収事業を実施するにあたり、協定締結を行いました。

   

▲小島昇公副市長(左)とHOYA株式会社アイケアカンパニープレジデント池田英一郎氏(右)