年金生活者支援給付金

年金生活者支援給付金は、消費税引き上げ分を活用し、公的年金等の収入やその他の所得が一定基準以下の年金生活者の生活を支援するために、年金に上乗せして支給するものです。

※年金生活者支援給付金を受け取るには、請求書の提出が必要です。

 

開始時期

令和元年10月1日施行

 

支給要件

老齢年金生活者支援給付金の支給要件

以下の要件をすべて満たしている方

65歳以降で老齢基礎年金を受けていること
請求する方の世帯全員の市民税が非課税となっていること
前年の公的年金等の収入金額とその他の所得の合計額が879,300円以下であること
 
障害年金生活者支援給付金の支給要件

以下の要件をすべて満たしている方

障害基礎年金を受けていること
前年の所得が「4,621,000円+扶養親族の数×38万円」以下となっていること
 
遺族年金生活者支援給付金の支給要件

以下の要件をすべて満たしている方

遺族基礎年金を受けていること
前年の所得が「4,621,000円+扶養親族の数×38万円」以下となっていること

 

給付額

老齢年金生活者支援給付金
給付額は、月額5,000円を基準に保険料の納付済期間等に応じて算出され、次の(1)(2)の合計額となります。

(1)保険料納付済期間に基づく額
  5,000円×保険料納付済期間/480月

(2)保険料免除期間に基づく額
 ・全額免除、4分の3免除、半額免除期間
  10,834円×保険料免除期間/480月

 ・4分の1免除期間
  5,417円×保険料免除期間/480月

 

障害年金生活者支援給付金
障害等級1級の方は、月額6,250円
障害等級2級の方は、月額5,000円

 

遺族年金生活者支援給付金
月額5,000円
※ただし、2人以上の子が遺族基礎年金を受給している場合は、5,000円を子の数で割った金額がそれぞれに支払われます。

 

請求手続き

平成31年4月1日以前から年金を受給している方

支給要件を満たす方には、令和元年9月頃に日本年金機構から手続きのご案内が送られます。
ご案内が届いたら、同封されている請求書(はがき)に必要事項を記入の上、日本年金機構に提出してください。
令和元年12月までに請求した方には、令和元年10月分からの給付金が支払われます。

※令和2年1月以降に請求した場合は、請求した月の翌月分からの支払いとなりますので、お早めに手続きを行ってください。


平成31年4月2日以降に年金の受給をはじめる方

年金の請求手続きを行う際に、あわせて年金生活者支援給付金の請求手続きを行ってください。

 

「年金生活者支援給付金」をかたる詐欺にご注意ください

日本年金機構や厚生労働省から、電話で口座番号をお聞きしたり、手数料などの金銭を求めたりすることはありません。

 

お問い合せ先

年金生活者支援給付金専用ダイヤル

0570-05-4092
※050から始まる電話でおかけになる場合は、03-5539-2216

立川年金事務所

042-523-0352