※電話での契約成立は、適切な説明がされた上で利用者からはっきりと申込みの意思表示をすることが前提です。

「”今より安くなる”ということばかりを強調する」、「契約の手続きをせかす」、「勧誘が強引でこわい」など、不安を感じたら、

  • すぐに契約しない。
  • あいまいな返事をしない。必要がなければ「けいやくしません。」と、きっぱりことわる。
  • 会社名などの相手の情報をしっかり確認する。
  • 勧誘員の言うままにパソコンを操作しない。
  • 家族や公的機関などに相談する。

光回線サービスには、消費者保護ルールが適用されます

契約し、契約書面も届いたけど、やっぱり解約(キャンセル)したい。

初期契約解除制度などにより、契約直後の一定期間であれば解約が可能です。事業者にすぐに確認しましょう。

詳しくは、総務省ホームページ掲載のチラシをご覧ください(こちらをクリック)。