平成28年12月1日から、衣類等の繊維製品の洗濯表示が変更されました

新しい洗濯表示では、ドラム式洗濯乾燥機等による「タンブル乾燥」、色柄物の衣料品等の漂白に適している「酸素系漂白剤」など新しい新しい洗濯記号が追加されたり、適用温度がこれまでよりも細かく設定されたりすることなどにより、洗濯記号の種類が22種類から41種類に増えました。

これにより、国内の洗濯表示が国際規格に統一され、海外で購入した衣類等の繊維製品の取扱いなどを円滑に行えるようになると考えられ、消費者の利便性の向上が期待されています。

この情報の詳細については、下記の消費者庁及び経済産業省ホームページからご確認ください