「東大和市創業塾」(第3回)を開催しました。 

 市では、東大和市創業支援事業計画に基づき、創業希望者を対象とした「東大和市創業塾」を開催しました。当創業塾では、創業するにあたり必要とされる知識である「経営」「財務」「人材育成」「販路開拓」の知識付与を目的として、東大和市商工会、(独)中小機構中小企業大学校東京校BusiNestと連携し創業塾を実施しました。
開催当日は28名の受講者の皆様が「人材育成」の分野及び創業時に必要な法律知識について知識の修得に努めました。また、市、東大和市商工会、(独)中小機構中小企業大学校東京校BusiNest、日本政策金融公庫(立川支店)が創業希望者の支援内容等について説明いたしました。

 

講師紹介及び講義内容

 

   講師紹介

 創業支援事業の連携機関でもある(独)中小機構中小企業大学校東京校内に創業支援・新事業支援拠点として開設された「BusiNest」のビジネスコーチである馬込氏、デザインコーチである小林氏に当創業塾の「販路開拓」(マーケティング等)分野を担当していただきました。創業支援・新事業支援拠点である「BusiNest」が市内にあることは、市及び創業希望者にとっても心強い存在であると感じております。ありがとうございました!

 

 

 講義の様子 

 

             安田氏講義

 

マーケティング戦略を中心に戦略策定の方法、Webサイトを使ったマーケティング、顧客開拓の計画、実践方法等幅広い分野をコンパクトに纏めていただき、事例や演習を交えてご講義いただきました。販路開拓(マーケティング)は事業活動を継続していくための「核」とも言える部分になります。受講者の皆様は自分が創業した後の事業戦略と照らし合わせながら馬込氏のご講義に耳を傾けていました。

 

             宇佐見氏講義

 

デザインの活用についての基礎的な知識を中心にご講義いただきました。受講者の皆様も創業後においてチラシや名刺等を活用しビジネス展開を図っていくことになります。特に記憶に残ったのは、デザインを活用した制作物を依頼して作成する際は「アイデア出し50%、話の擦り合わせ30%、制作時間20%」というお話でした。また、他の人に客観的に評価してもらうこと等受講者の皆様も大いに参考になったのではないでしょうか。 

 

             日本政策金融公庫講義

 

デザインの活用についての基礎的な知識を中心にご講義いただきました。受講者の皆様も創業後においてチラシや名刺等を活用しビジネス展開を図っていくことになります。特に記憶に残ったのは、デザインを活用した制作物を依頼して作成する際は「アイデア出し50%、話の擦り合わせ30%、制作時間20%」というお話でした。また、他の人に客観的に評価してもらうこと等受講者の皆様も大いに参考になったのではないでしょうか。 

 

             (独)中小機構中小企業大学校東京校BusiNest講義

 

デザインの活用についての基礎的な知識を中心にご講義いただきました。受講者の皆様も創業後においてチラシや名刺等を活用しビジネス展開を図っていくことになります。特に記憶に残ったのは、デザインを活用した制作物を依頼して作成する際は「アイデア出し50%、話の擦り合わせ30%、制作時間20%」というお話でした。また、他の人に客観的に評価してもらうこと等受講者の皆様も大いに参考になったのではないでしょうか。 

 

             東大和市商工会講義

 

デザインの活用についての基礎的な知識を中心にご講義いただきました。受講者の皆様も創業後においてチラシや名刺等を活用しビジネス展開を図っていくことになります。特に記憶に残ったのは、デザインを活用した制作物を依頼して作成する際は「アイデア出し50%、話の擦り合わせ30%、制作時間20%」というお話でした。また、他の人に客観的に評価してもらうこと等受講者の皆様も大いに参考になったのではないでしょうか。 

 

             東大和市講義

 

デザインの活用についての基礎的な知識を中心にご講義いただきました。受講者の皆様も創業後においてチラシや名刺等を活用しビジネス展開を図っていくことになります。特に記憶に残ったのは、デザインを活用した制作物を依頼して作成する際は「アイデア出し50%、話の擦り合わせ30%、制作時間20%」というお話でした。また、他の人に客観的に評価してもらうこと等受講者の皆様も大いに参考になったのではないでしょうか。 

 

※第4回は8月1日(土)に(独)中小機構中小企業大学校東京校BusiNest3Fセミナールームにて開催します。