コミュニティ助成事業は、一般財団法人自治総合センターが宝くじの収益を財源として行う社会貢献広報事業です。集会施設やコミュニティ活動備品の整備、安全な地域づくりと共生のまちづくりや地域の国際化の推進及び地域文化への支援等に対して助成を行っています。

宝くじ助成マークデザイン

コミュニティ助成事業の内容

助成事業内容の詳細については、各年度実施要綱、留意事項及び一般財団法人自治総合センターホームページにてご確認ください。

一般コミュニティ助成事業

住民が自主的に行うコミュニティ活動の促進を図り、地域の連帯感に基づく自治意識を盛り上げることを目指すもので、コミュニティ活動に直接必要な設備の整備に関する事業。 

対象団体 市区町村、市区町村が認めるコミュニティ団体
助成額 100万円~250万円
事業内容例 音響機器他コミュニティ活動備品の整備など

※コミュニティ団体とは、自治会、自主防災組織等の地域に密着して活動する団体とします。地域に密着した団体であっても、特定の目的で活動する団体、PTA、体育協会等は除きます。また、宗教団体、営利団体、公益法人及び地方公共団体が出資している第3セクター、その活動が地域に密着しているとは言い難い団体等は除きます。

コミュニティセンター助成事業

住民が行う自主的なコミュニティ活動を積極的に推進し、その健全な発展を図るため、住民の需要の実態に応じた機能を有する集会施設(コミュニティセンター・自治会集会所等)の建設整備に関する事業。

対象団体 市区町村、市区町村が認めるコミュニティ団体
助成額 対象となる総事業費の5分の3以内に相当する額(上限1,500万円)
事業内容例 コミュニティセンターの建設及び備品の整備 など

青少年健全育成助成事業

青少年の健全育成に資するため、主として親子で参加する(スポーツ・レクリエーション活動に関する事業、文化・学習活動に関する事業、その他コミュニティ活動のイベント等に関する事業)ソフト事業。ただし、自治総合センターが実施している野球、バレーボール、サッカーに関する事業と重複するものは対象外とする。

対象団体 市区町村、市区町村が認めるコミュニティ団体
助成額 30万円~100万円
事業内容例 ○○子育て支援会による、親子農業体験 など

活力ある地域づくり助成事業

ア.地域資源活用助成事業

地域の自然、文化、歴史、産業、生活習慣等の特性を地域資源として発見、活用を図ることを目的として実施するソフト事業。

対象団体 市区町村、広域連合、一部事務組合、地方自治法の規定に基づき設置された協議会及び実行委員会等
助成額 200万円まで
事業内容例 ○○商工会による、新しい食のブランド開発 など

イ.広域連携推進助成事業

複数の助成対象団体が共同して広域的な連携を目的として実施するソフト事業及び住民の一体感の醸成等を目的としたソフト事業。

対象団体 市区町村、広域連合、一部事務組合、地方自治法の規定に基づき設置された協議会及び実行委員会等
助成額 200万円まで

事業内容例

全国○○を守る会によるフォーラムの開催 など

上記のほかにも助成事業があります。詳しくは、自治総合センターホームページをご覧ください。

申請の手続きについて

申請を希望される場合は、地域振興課市民協働係までご相談ください。

なお、申請した事業に対する助成の可否については、(一財)自治総合センターが内容審査のうえ決定します。申請した事業が必ず採択されるものではないことをご了承ください。