国民健康保険を使って施術を受けるときは、医師の同意書が必要です。

国民健康保険が使える場合

マッサージは原則として病名ではなく症状に対する施術となります。関節が自由に動かなかったり、筋肉が麻痺しているなどの症状があり、治療上マッサージが必要と認められれば国民健康保険の対象となります。

施術を受けるときは

国民健康保険を使って施術を受ける際は、あらかじめ医師の発行した同意書が必要です。同意書の提出にあたっては、対象となる疾患にかかる主治医にご相談ください。また、3か月を超えて施術を受ける場合には、医師の再同意が必要です。

施術を受けるときの注意事項

単に疲労回復や慰安を目的としたものや、疾病予防のためのマッサージなどは、施術を受けても国民健康保険の給付の対象にはなりませんので、ご注意ください。