公的個人認証サービスは、住民基本台帳カード(以下、「住基カード」)またはマイナンバーカード(個人番号カード)に記録された電子証明書を使い、自宅などのパソコンから申請や届出の行政手続がオンラインでできるサービスです。
電子証明書は、インターネットを使って電子申請や届出が行われる際に、申請者の「成りすまし」や申請内容の「改ざん」などを防ぐために必要なものです。
電子証明書発行・更新を希望される方は、マイナンバーカード(電子証明書搭載)をご利用ください。

住基カードへの電子証明書の発行は終了しました。

  • 電子申請が可能となるサービスは、所得税申告、消費税申告や住民票の写しの交付申請等ができます。
  • 有効期限は、発行された日から、住基カード搭載の電子証明書は3年間、マイナンバーカード搭載の電子証明書は5年間です。有効期限が満了すると失効になります。

※住基カード搭載の電子証明書は、マイナンバーカードへ切り替えない限りは 有効期限までそのままお使いいただけます。(マイナンバーカードの交付を受ける際、住基カードは返納していただくため、両方のカードを同時に持つことはできません。)

※自宅などから電子申請を行うためには、インターネットに接続されたパソコンとICカードリーダライタ(ICカード読取書込み機)を用意していただく必要があります。