悪質商法の被害に遭わないためには、だましの手口についての予備知識を持ち、甘い言葉には絶対にのらないことです。「無料で~できる」「お金が儲かる」「病気が治る」などの言葉には、まず疑うことです。不審に思ったり、だまされたと思った時は、出来るだけ早く身近な家族などに相談するか消費生活相談(こちらをクリック)をご利用ください。

悪質業者に引っかからないための心得5か条

  1. 財産や家族構成をむやみに教えない
  2. 契約前に家族や公的機関に相談を
  3. 断る時はハッキリと
  4. 署名やハンコはすぐにしない、押さない
  5. うまい話は、まず疑う