こまったときの救急ハウス市では、東大和市公立小中学校PTA連合協議会と連携し、地域一丸となって子どもたちの安全を守るため、「こまったときの救急ハウス」の取り組みを行っています。

「こまったときの救急ハウス」とは、通学途中において防犯上の非常事態等が発生した時、小・中学生の保護等を地域の皆さんにお願いするものです。協力していただける方には、子どもたちの目印となるこのポスターを門や塀などに掲示していただきます。

地域の子どもたちにとって安心・安全な環境づくりを進めていくためには、家庭・学校・地域が一層の連携を深めることが大切です。

皆さんのご理解とご協力をお願いします。