質問  住宅を耐震改修すると、固定資産税が減額されると聞きましたが?

回答  昭和56年に建築基準法が改正されたときに現在の耐震基準が定められましたが、それ以前に建てられた住宅の場合、現在の耐震基準を満たしていないことがあります。
 そこで、住宅の耐震化を促進し、地震に強いまちづくりを進めるために、現在の耐震基準に満たない住宅に対して一定の耐震改修をした場合にその住宅にかかる固定資産税を減額する制度が、平成18年4月1日に創設されました。
 減額される期間や税額などの詳細はこちらをご覧ください。
 なお、都市計画税は減額の対象ではありません。