質問  住宅を取壊して駐車場にしたら、翌年度の土地に対する固定資産税が上がったのはなぜですか?

回答  住宅の敷地の用に供されている土地を「住宅用地」といい、「住宅用地」については、住宅政策上の見地からその税負担を軽減するため、課税標準の特例措置が設けられています。したがって、1月1日(賦課期日)現在、住宅が取壊され駐車場になった土地は「住宅用地」として認められなくなり、住宅用地に対する課税標準の特例が受けられなくなり、固定資産税・都市計画税が数倍程度に上がる可能性があります。
 なお、土地の使用状況に変更があった場合(住宅を取壊した場合など)は、申告してください。