防災市民組織は地域の住民が協力して自発的に組織するものです。それぞれの地域の実情に応じて考えていく必要があります。

自主防災組織をつくるには

大災害が発生したときに、個人がバラバラに活動をしても地域全体を災害から守ることはとても難しくなります。
地域を守るには、組織的に防災活動を行える体制を整えることが必要です。自主防災組織をつくるにあたって必要なのは、住民が自発的に結成することが望ましいということです。そして、組織を活発に継続されていくためには、それぞれの地域の実情に合った組織づくりを進める必要があります。
そこで、地域の町内会や自治会などの活動の一環として結成するのもよいでしょう。また、新たに自主防災組織をつくる場合でも、地域の各種団体(消防団等)と情報を交換しあって、協力していくことが重要です。
自主防災組織は、地域によって世帯数が異なりますが、まちを守るという共通の目的に向かって連帯感がわき防災活動を効果的に行える規模が最適でしょう。

組織づくりの手順

 

提案のイラスト

1.自主防災組織の必要性を町内会、自治会、小学校区などのコミュニティ活動組織に提案する。
 

決議のイラスト

2.町内会、自治会などの役員会で検討し、総会で決議する。
 

活動のイラスト

3.自主防災組織結成、活動開始。