NPOとは何か

NPO(Non-profit Organization)とは、営利を目的とせず、市民が自主的に継続して社会のために活動する団体です。

NPO法人とは

特定非営利活動(NPO)促進法の定義より「特定非営利活動」とは、不特定かつ多数のものの利益の増進に寄与することを目的とするもので、ボランティア活動をはじめとする市民が行う自由な社会貢献活動をいう。それらの活動を行う団体にさらに法人格を付与した団体をNPO(特定非営利団体)法人といいます。

ボランティアとNPOの違い

広辞苑によると「ボランティア」とは、自ら進んで社会事業などに参加する人、奉仕者の意味で、団体ではなく個人を示しています。「無償」のイメージが強いが最近では「有償ボランティア」なる用語もあります。

それに対しNPOは組織を示し、NPO促進法にもあるように、不特定かつ多数のものの利益の増進に寄与することを目的とし、ボランティア活動をはじめとする市民が行う自由な社会貢献活動を行う団体をいいます。

つまり、ボランティアとは社会貢献活動を行う個人を示し、NPOはボランティアがグループ化し組織化されたものをいいます。

このような解釈をすることにより、ボランティアとNPOは組織の形態の違いはあるにせよ、活動の目的そのものに違いはありません。ただし、はっきりとした区分としてNPO法人の取得の有無があり、これはNPO法人とNPO活動を行っている任意団体との差別化でなく、区別化だと思います。

そしてボランティアもNPOも取り組んでいる様々な分野における市民参加型の活動(医療・福祉、環境、文化・芸術、スポーツ、まちづくり、国際協力・交流、人権・平和、教育など)を共通の社会的な概念としてとらえ、それらを総称して市民活動と呼ぶのがふさわしいと考えます。