国民健康保険の資格を取得する方

  1. 市内に住んでいる方で、下記の「2. 被保険者から除かれる場合」に該当される方以外は、国民健康保険(国保)の資格を取得することになります。
  2. 被保険者から除かれる場合
    (1)職場の健康保険(保険組合の健康保険、共済組合等)に加入している方とその扶養家族
    (2)生活保護を受けている方

国民健康保険の資格を取得する方の例

  • お店などを経営している自営業の方
  • 農業や漁業などを営んでいる方
  • 会社等を退職して職場の健康保険などをやめた方
  • 職場の健康保険に加入していない方(パートやアルバイトなど)
  • 住民基本台帳法の適用となる外国人

国民健康保険の資格を取得する日

  1. 国保の資格を取得する日は、次のようになります。
    • 前住所地でも国保に加入していた場合:東大和市に転入された日
    • 会社の健康保険に加入していた場合:会社の健康保険喪失日(退職日の翌日)
  2. 国民健康保険税は、ほかの市区町村から転入してきた時や職場の健康保険などをやめた時など、国保の被保険者としての資格を取得した月からかかります。資格の取得の届け出をした時点からではありませんので、ご注意ください(詳細は、こちら(「国民健康保険税」のページ)を参照してください)。

社会保険の適用になる方

株式会社や有限会社に勤務している方は、社会保険等の適用となる可能性があります。
また、パート等で勤務時間・日数が正規社員の4分の3以上となる方も、社会保険の適用になる可能性があります。