本文へ移動

東大和市

東大和市内の施設情報

男女共同参画相談

男女共同参画相談

近年、会社が社会保険労務士と契約し、従業員はその社会保険労務士に相談できるようになっているところがほとんどですが、このように職場には相談できないという方は、市が行っている無料相談をご利用ください。

  • 昇進、昇格に男女差がある。

  (例:リーダーは、男性ばかりで補助的な仕事しかやらせてもらえない。)

  • パワハラ、セクハラがある。

  (例:パワハラは、上司からとは限りません。同期から、女性上司から、部下から上司になどもあります。)

  • 市の施策が男女平等ではない。

  (例:女性対象の講座が多く、男性が参加できない。)

上記のような悩みや苦情を受け付けています。社会保険労務士(女性)が個別に相談に応じ、一緒に解決方法を探します。

秘密は厳守します。(事前予約制)

予約受付

月~金曜日:午前9時~午後5時(祝日、年末年始は除く)

電話または窓口、下記のお問合せフォームでご予約を受け付けます。

相談員(社会保険労務士)は、市役所に常勤ではないため、お電話をいただいてから相談員と日時を調整のうえ、ご連絡します。できるだけ、相談者のご希望にそえるよう配慮します。

 

また、下記の無料相談もあわせてご利用ください。

職場におけるトラブルの相談

解雇、労働条件、募集・採用、いじめ・嫌がらせ、セクシュアル・ハラスメント等の労働問題でお悩みの方

  • 東京都ろうどう110番 電話:0570-00-6110
    月~金曜日:午前9時~午後8時
    土曜日:午前9時~午後5時
    (祝日、年末年始を除く)
    詳しくはこちら(東京都労働相談情報センター)をご覧ください。
     
  • 厚生労働省東京労働局 総合労働相談 電話:0120-601-556
    月~金曜日:午前9時~午後5時
    (祝日、年末年始を除く)
    詳しくはこちら(厚生労働省東京労働局)をご覧ください。 

労働相談窓口のご案内 [161KB pdfファイル] 

相談先がいろいろあって、どこに相談すればいいのかわからない

 

相談内容 相談先
職場で男女差別を受けた
〔例〕
  • セクシュアル・ハラスメントを受けた
  • 同じ仕事をしているのに男女間で賃金格差がある
  • 昇進昇格に男女差別がある
  • 補助的な仕事しかやらせてもらえない
市役所(042-563-2111・内線1715)または国・都の労働相談窓口
市の施策が男女平等でない
〔例〕
参加したい市の講座が平日の昼間だけのため、働いている男性が参加できない
市役所(電話:042-563-2111・内線1715)
配偶者からの暴力に悩んでいる 配偶者暴力相談支援センター


  

DV(ドメスティック・バイオレンス)に関する相談

DV相談窓口のご案内 [179KB pdfファイル] 

配偶者暴力の3つのパターン [284KB pdfファイル]  

 

アドビリーダーのダウンロード

アドビホームページへ

PDFで作成しているファイルの閲覧にあたっては、adobe(アドビ)社が無償配布しているAdobe Reader(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない場合は、次のアイコンボタンをクリックして、adobe(アドビ)社のホームページからダウンロードしてください。

       戻る  ページの先頭