~わがまちを わが手で守る 消防団~

災害は、「いつ」「どこで」起こるか分かりません。また、都市部では、その被害がさらに大きくなる可能性もあります。
地域に最も身近な防災機関である「消防団」の活動は、ますます重要になっています。消防団員は、仕事を持ちながら「わが街を災害から守る」という使命感のもと、地域の防災リーダーとして幅広い活動を行っています。
今回は、私たちに身近な消防団の活動を紹介します。

地域と連携した活動

火災予防運動、防災週間や地域の催し物に当たり、災害を未然に防止するため火災予防の呼びかけや警戒活動を行っています。

地域の防災リーダーとしての活動

地震時には、多くの災害や負傷者の発生が予測されます。消防団は住民一人ひとりの防災行動力を高めるため、出火防止、初期消火、応急救護などの指導を行っています。

災害活動

火災、地震、台風などの災害は時と場所を選ばず私たちを襲います。災害が発生した場合には、消防署と一体となって、迅速に消火活動や救出活動などを行います。

普段からの教育・訓練

防災活動には、専門的な知識と技術が必要です。消火訓練や救出救護訓練を行い、消防団の組織力を高めています。
今後とも消防団活動にご理解とご協力をお願いします。

東大和市消防団website

「東大和市消防団website」は、こちらからご覧になれます(外部リンク)。