縦覧と閲覧の違い

縦覧 年度当初の限られた期間内〔平成31年度は4月1日(月曜日)から5月31日(金曜日)まで〕、土地価格等縦覧帳簿及び家屋価格等縦覧帳簿を無料で縦覧できます。
閲覧 縦覧と異なり、閲覧期間の制限はありません。名寄帳等を閲覧できます。

縦覧帳簿の縦覧

納税者が、他の土地や家屋との比較を通じて自己の土地や家屋の評価が適正かどうか判断するため、土地価格等縦覧帳簿及び家屋価格等縦覧帳簿を縦覧できる制度です。

縦覧期間

平成31年度は4月1日(月曜日)から5月31日(金曜日)まで縦覧できます(ただし、土曜日・日曜日、祝日は除きます)。
※縦覧期間外は、縦覧することはできません。

時間・場所

午前8時30分から午後5時まで、課税課(市役所1階5番窓口)で縦覧できます(土曜開庁時は閲覧等できません)。

手数料

無料

縦覧できる方

東大和市内に物件を所有する固定資産税の納税者及び同居の親族など納税者が代理権を授与したと認められる方

※本人様確認をさせていただきますので、本人確認ができるもの(運転免許証、マイナンバーカード、パスポート等、公的機関が発行した写真付きのもの)を必ずご持参ください。

閲覧

課税課では下記のものを閲覧することができます。
縦覧と異なり、閲覧期間の制限はありません。
なお、名寄帳については、郵送でも申請することができますので、ご希望の方はこちら(「固定資産に関する証明が必要な方」のページ)をご覧ください。

名称 手数料 閲覧できる方
名寄帳 注1 注2

測量図

公図の写し

1枚につき300円 どなたでも閲覧できます。

注1:名寄帳のコード一覧表及び閲覧見本はダウンロードしてご覧いただけます。

   →名寄帳のコード一覧表・閲覧見本[ 647 KB pdfファイル]

 

注2:名寄帳閲覧の手数料について

名寄帳の閲覧の手数料は、1枚につき300円となります。平成31年4月1日(月曜日)から5月31日(金曜日)までの縦覧期間中は、1部を無料、2部以上必要なときは2部目以降が1枚単位で有料(1枚につき300円)となります。ただし借地人、借家人は1部目から有料です。

 

注3:名寄帳を閲覧できる方について

名寄帳を閲覧できるのは、納税義務者またはその代理人、納税義務者と同居の親族(市内在住の方のみ)、土地・家屋について賃借権その他の使用または収益を目的とする権利(対価が支払われているものに限る)を有する方です。窓口に来られた方の本人様確認をさせていただきますので、本人確認ができるもの(運転免許証、マイナンバーカード、パスポート等、公的機関が発行した写真付きのもの)を必ずご持参ください。また、代理人の方が来られる場合は、本人からの代理人選任届も必要となりますのでご持参ください。なお、納税義務者の親族であっても、同居していない方が来られる場合は、本人からの代理人選任届が必要となります。 借地・借家人の方が閲覧するためには、前述の本人確認ができるものに加え、借地・借家人を示す賃貸借契約書等の書類が必要です。 

代理人選任届はダウンロードしてご利用いただけます。

代理人選任届[ 61 KB pdfファイル]

アドビリーダーのダウンロード

アドビホームページへ

 

PDFで作成しているファイルの閲覧にあたっては、adobe(アドビ)社が無償配布しているAdobe Reader(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない場合は、次のアイコンボタンをクリックして、adobe(アドビ)社のホームページからダウンロードしてください。