市では、老朽化が進む木造の市営住宅について、人口減少、少子高齢化の進展などの社会環境の変化、住宅施策の変遷、市営住宅の現状と課題、都営住宅等の現状などを踏まえ、市営住宅が担う役割を考慮しながら、今後の運営方法を定めることを目的に、「市営住宅のあり方に関する方針」を令和3年3月に策定しました。

 

市営住宅のあり方に関する方針のダウンロード


市営住宅のあり方に関する方針〔PDFファイル〕