令和3年4月から
『可燃ごみ処理の広域支援』が始まりました

小平・村山・大和衛生組合では、ごみ焼却施設が老朽化・旧式化していることから、施設の建て替えを進めています。建て替え期間中(令和3年4月~令和7年9月末)は、小平市、東大和市及び武蔵村山市から発生する可燃ごみの一部を、多摩地域の他の市町村等のごみ焼却施設で処理(広域支援)していただいています。
より一層のごみの減量・分別の徹底にご理解とご協力をお願いいたします。

可燃ごみ広域支援の図

 

    

支援団体 支援予定量 搬入団体 搬入日数 搬入期間
柳泉園組合 4,000トン 小平市 75日程度

(1)4月13日~5月中旬
(2)8月上旬~9月下旬
(3)11月中旬~1月下旬

ふじみ衛生組合 3,900トン 小平市 55日程度

 (1)4月8日~5月中旬
 (2)7月中旬~11月中旬
 (3)1月上旬~1月下旬

西多摩衛生組合 4,000トン 武蔵村山市 70日程度

 (1)4月9日~5月上旬
 (2)8月上旬~9月下旬
 (3)11月中旬~12月下旬

 

ごみの直接持込み中止について

施設の建て替えによる安全確保に伴い、令和3年4月1日から新施設の整備に係る期間、小平・村山・大和衛生組合へのごみの直接持込みを中止しています。
ご理解、ご協力をお願いいたします。