市内にナラ枯れ被害が発生しています

ナラ枯れとは?

カシノナガキクイムシ(カシナガ)が媒介する、ナラ菌という菌類の一種が引き起こす木の伝染病のことをいいます。
ナラ菌が水の通り道を使って樹木全体に広がり細胞が害されると、道管が目詰まりし通水障害を起こします。その結果、感染した樹木は枯死に至ります。
また、侵入した「カシノナガキクイムシ」の幼虫は樹木の中で生育され、羽化後すぐに飛び立ち新しい樹木に潜り込みます。
そのため、感染した樹木を適切に防除しない場合、枯死した木から翌年ナラ菌が持ち出され被害が広がってしまいます。

カシノナガキクイムシ
体長 4.5~5.0mm
カシノナガキクイムシ
出典:東北森林管理局(左:オス 右:メス)

感染し枯死した樹木の様子(撮影:令和2年夏)
枯死した樹木の様子写真1枯死した樹木の様子写真2

カシノナガキクイムシが樹木に侵入した痕跡
フロス(木くず)の写真1フロス(木くず)の写真2
「フロス」と呼ばれる木くずが、周辺に落ちています。

現在の状況

現在、狭山緑地、野火止緑地、鹿島こども広場等で、被害を確認しています。
そのため、市では順次感染した樹木を伐採し、防除を行う予定です。

狭山緑地

枯死した樹木の様子(狭山緑地)フロス(木くず)(狭山緑地)

野火止緑地

枯死した樹木の様子(野火止緑地)フロス(木くず)(野火止緑地)

鹿島こども広場

フロス(木くず)(鹿島こども広場)

下立野林間こども広場

枯死した樹木の様子(下立野林間こども広場)フロス(木くず)(下立野林間こども広場)

関連ページ

ナラ枯れ被害 林野庁ホームページ内(外部リンク)