東京都は、分譲マンションの管理不全を予防し、適正な管理を促進するため、「東京におけるマンションの適正な管理の促進に関する条例」を制定しました。
 令和2年4月からは「管理状況届出制度」が開始され、対象となるマンションには東京都から届出用紙、届出システム資料等が送付されております。ご確認をお願いします。
 また、条例に基づく事務の一部が市に移管されておりますので、届出先は市になります。また、市は東京都と連携し、管理状況について必要な助言等を行います。
 詳細は、東京都マンションポータルサイトをご覧ください。

対象となるマンション

昭和58年12月31日以前に新築された6戸以上のマンション

届出開始日

令和2年4月1日(水曜日)

届出期限

令和2年9月30日(水曜日)

届出方法

次のいずれかの方法で届出ができます。

  1. 管理状況届出システム
    インターネットからシステムにログインし、届出事項をご入力ください。
  2. 届出書の提出
    ご記入いただいた届出書を都市計画課(市役所2階)にご郵送またはご持参ください。

問合せ

  • 届出に関すること
    市役所都市計画課
  • 届出書の記載方法に関すること
    東京都分譲マンション総合相談窓口
    電話 03-6427-4900
  • その他制度に関すること
    東京都住宅政策本部住宅企画部マンション課
    電話 03-5320-5004

関連リンク

東京都マンションポータルサイト(外部サイトへリンク)