対象となる被保険者について

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、次の対象条件にあてはまる被保険者の方は、申請により後期高齢者医療保険料が減免される場合があります。

対象条件1

新型コロナウイルス感染症により、世帯の主たる生計維持者(世帯主)が死亡、又は重篤な傷病(1か月以上の治療を有すると認められるなど)を負った世帯の方。

対象条件2

新型コロナウイルス感染症の影響により、世帯主の令和3年中の事業収入等(事業収入、不動産収入、山林収入、給与収入)が減少見込みで、かつ、下記の3つの対象条件すべてに該当する世帯の方。 

  • 世帯主の事業収入等のいずれかの減少額が、令和2年分の当該事業収入額等の額の3割以上であること。なお、事業収入等に持続化給付金等の各種給付金や、保険金、損害賠償等の補填は含めません。
  • 世帯主の令和2年分の合計所得金額が、1,000万円以下であること。
  • 世帯主の減少することが見込まれる事業収入等に係る所得(=3割以上減少する収入に係る所得)以外の令和2年分の所得の合計額が、400万円以下であること。

対象となる保険料

令和2年度保険料

令和2年度末に資格を取得したこと等により、令和3年4月以後に普通徴収の納期限が到来するもの

令和3年度保険料

年間保険料

減免額の計算方法

対象条件1の方

同一世帯に属する被保険者の保険料額全部

対象条件2の方

表1で計算した対象保険料額に、表2の世帯主の令和2年の合計所得金額の区分に応じた減免割合を乗じて得た額

表1

対象保険料額=A×B/C

A:被保険者の保険料額

B:世帯主の減少することが見込まれる事業収入等に係る令和2年分の所得額
  (減少することが見込まれる事業収入等が2種類以上ある場合はその合計額)

C:被保険者の属する世帯の世帯主及び当該世帯に属する全ての被保険者につき算定した令和2年分の合計所得金額

表2

世帯主の令和2年の合計所得金額 減額又は免除の割合(D)
300万円以下 全部
400万円以下 10分の8
550万円以下 10分の6
750万円以下 10分の4
1,000万円以下 10分の2
  • 世帯主が事業等の廃止や失業した場合は、前年の合計所得金額にかかわらず、対象保険料額の全部が減免されます。

対象保険料額(A×B/C)×減額又は免除の割合(D)= 保険料減免額

申請方法

上記の要件等をご確認のうえ、該当される方は、申請書等の必要書類を保険年金課に提出してください。

申請につきましては、新型コロナウイルス感染症感染拡大防止のため、郵送でお手続きください。

申請期限

令和3年7月15日(木曜日)~令和4年3月31日(木曜日)必着

提出書類

  • 対象条件1に該当する方 下記の申請書(様式1)のほか、新型コロナウイルス感染症の記載がある医師の診断書等
  • 対象条件2に該当する方 下記の申請書(様式1)、主たる生計維持者の所得・収入状況表(様式2)、各種給付金等についての申告書のほか、収入(所得)が確認できる書類等

※令和3年4月以後に納期限が到来する令和2年度保険料の減免申請を行う場合、事業収入等の減少見込みについては、令和2年分と令和元年分を比較します。減免額の計算方法についても、令和2年度の対象保険料額に、令和元年の合計所得金額の区分に応じた減免割合を乗じます。

申請書様式

後期高齢者医療保険料減免申請書 別記標準様式1.pdf [ 548 KB pdfファイル]

後期高齢者医療保険料減免申請書 別記標準様式1(記載例).pdf [ 732 KB pdfファイル]

主たる生計維持者の所得・収入状況表 別記標準様式2.pdf [ 529 KB pdfファイル]

主たる生計維持者の所得・収入状況表 別記標準様式2(記載例).pdf [ 643 KB pdfファイル]

各種給付金等についての申告書.pdf [ 1035 KB pdfファイル]

※各種給付金等を受けている場合、その詳細がわかる資料(決定通知書の写し、給付金名・金額が明記された預金通帳の写し等)を添付してください。

申請前に提出書類をご確認ください

必要書類チェック表.pdf [ 222 KB pdfファイル]