資源物として排出された紙類の中に、禁忌品(リサイクルに適さないもの)や異物が混入していることが見受けられます。
これらのものが混入していると、リサイクルの工程で機器トラブルが発生したり、再生紙の生産時に不良品が発生してしまいます。
安定した紙のリサイクルのため、紙類の適正な分別と排出にご協力をお願いします。

紙類として出せるもの

紙類は、品目ごとにひもで十字に束ねてください。

  • 新聞紙(折込広告も可)
  • 段ボール
  • 雑誌、本
  • 雑紙(ひもで束ねるか、紙袋に入れてください。)
  • シュレッダー紙(透明または半透明の袋に入れてください。)

※排出日が雨のときは、次回の収集日に出してください。
※ビニール袋に入れたり、ガムテープで束ねたりしないでください。

実際に排出された禁忌品の例

▲ワックス加工された紙コップ

このほか、以下のものもリサイクルに適しません。可燃物として排出してください。

  • 感熱紙
  • 窓付き封筒のフィルム
  • ビニールコート紙
  • 写真
  • カーボン紙・ノンカーボン紙
  • 油紙
  • 石けん・洗剤・線香の箱など、においが付いたもの
  • 汚れた紙類
  • 感熱性発泡紙(立体コピー紙)、発泡インキ使用の点字印刷物、固形点字印刷物

※紙の上に熱膨張性マイクロカプセルを塗布した感熱性発泡紙は、再生時に製品トラブルの原因となるため、リサイクルに適しません。詳しくは、下の公益財団法人古紙再生促進センターのリーフレットをご覧ください。

感熱性発泡紙(立体コピー紙)は古紙に絶対に混ぜないで

実際に紙類に混入していた異物の例

▲マスク ▲プラスチック製のファイル
▲木製の商品  ▲ネジ
 
▲小型充電式電池(二次電池)  

正しく排出されない小型充電式電池は、火災の原因になり大変危険です。
写真は実際に発火した電池です。