新型コロナウイルス感染症がまん延する状況において、災害が発生し避難所等を開設する場合には、人が多く集まることで、感染が拡大するリスクがあります。そのため、感染症対策に万全を期すことが重要となっています。
 東大和市においても、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、十分な換気やスペースの確保等、少しでも感染リスクが軽減されるよう実施して開設しますが、自助としての感染防止対策をできるだけお願いいたします。
 新型コロナウイルスが収束する前に地震、風水害が起きたらどうなるのか、平時の事前準備及び災害時の避難方法について、各家庭で考えておきましょう。

今のうちに、自宅が安全かどうかを確認しましょう。

 浸水・土砂災害ハザードマップなどで、自分の家がどこにあるのか確認し、浸水や土砂災害のおそれがあるかどうか確認しましょう。

様々な避難行動を検討しましょう。

 避難とは「難」を「避」けること。安全な場所にいる人まで避難場所に行く必要はありません。自宅の災害リスクによっては、自宅での安全確保も可能なため、感染のリスクを負ってまで避難所に行く必要はありません。安全な親戚や知人宅に避難することも検討しましょう。

【風水害に備えて】
 避難所に行く必要があるかどうか、内閣府リーフレット知っておくべき5つのポイント」「避難行動判定フロー」によって確認しましょう。

【地震に備えて】
 避難生活が長期化することが予想され、環境変化による体調不良を起こす方もいますので、自宅で居住が継続可能な場合は「在宅避難」をしましょう。
   そのため日頃から水や食料などの必要な物を備蓄(最低3日間。推奨7日間)しておくことが重要です。また、在宅避難をする場合は、木造住宅やブロック塀などの安全確認を行ってください。 

避難所に持っていくもの

 避難される際は、避難所内での接触機会を減らすため、食料や水などの非常用備蓄品に加えて、マスク、体温計、アルコール消毒液(ウェットティッシュ等)、スリッパを持参してください。※身分証明書の持参もお願いします。

コロナ禍における避難所は以前と変わります

・避難者同士のソーシャルディスタンスを確保するため、受け入れ人数は今までの半分以下に減少します。

・避難所での受付時に、検温と問診を行います。検温と問診の結果、発熱や咳などがある方や濃厚接触者の方は専用のスペースで過ごしていただきます。

・飛沫による感染を防ぐため、東大和市では、避難所にパーティションを用意しています。数に限りがあるため、避難者の数が多い場合には、全ての避難者に配付できないことがあります。あらかじめご了承ください。

 

 

 

コロナ禍における避難所での留意事項

  •   避難された方は、マスク着用の徹底をお願いします。
  •   避難所が過密になることを防ぐため、他の避難所をご案内する場合もありますので、その際はご協力をお願いいたします。
  •   避難所で発熱や咳等の症状が出た場合には、すぐに運営スタッフに申告し、指示に従ってください。
  •   避難所では、他の避難者との接触を避けてください。

災害への備え

以下のサイトを参考に災害に備えましょう。