市ではイエローチョーク作戦(犬のふん放置対策)を試行しています。

イエローチョーク作戦とは?

道に放置されている犬のフンを減らす方法として、フンの周囲を黄色のチョークで囲い、そばに発見日時を書くことで、飼い主に警告しマナーの向上を促す取り組みです。

イエローチョーク作戦のやり方

  1. 黄色のチョークを用意します。
  2. 放置されている犬のフンを中心として、30cm程度の円を黄色のチョークで描きます。
  3. 描いた円のそばに発見した日時を書きます。
  4. フンは片付けず様子を見ます。※放置されたフンを強調することで飼い主に“見ているぞ!”と警告することが目的の為、すぐに片付けないでください。
  5. 後日犬のフンが残っていた場合は、再度描いた円のそばに発見日時を書きます。
  6. フンが取り除かれた場合は、円の中に「なし」と書き、円のそばに確認日時を書きます。

<例>

イエローチョークの配布について

市役所環境課窓口にて、イエローチョークを配布しています。
手順の載ったチラシとチョーク2本がセットになっています。

黄色のチョークと手順の書かれたチラシの写真

※作戦の効果を確認するため、アンケートの協力をお願いしています。