東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた東大和市取組方針

東大和市取組方針の策定について

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催に向け、東大和市の基本的な考え方や取組項目をまとめました。東大和市は、開催都市の一員として、関係団体等と連携・協力をし、大会の成功に向けた取組を推進していきます。

また、この大会を東大和市の地域活性化の好機と捉え、東大和市第二次基本構想に定める将来都市像「人と自然が調和した生活文化都市 東大和」の実現に向けた原動力となるよう、有形・無形のレガシーの創出に取り組んでいきます。

 

5つの取組方針

(取組方針1) 次世代を担う人材育成

次世代を担う子ども達にとって、東京2020大会の記憶が後世に残ることを目指した取組を行います。

また、オリンピック・パラリンピック教育を通して、オリンピック憲章の精神を学ぶとともに、豊かな国際感覚や多様性を尊重する意識等の醸成を図り、バランスの取れた人材を育成します。

(取組方針2) スポーツ及び障害者スポーツの普及・啓発と健康増進

スポーツ及び障害者スポーツ等に関する事業を実施するとともに、体育施設等のバリアフリー化等を行い、スポーツに親しむ環境づくりを推進し、スポーツ実施率の向上や健康増進を図ります。

(取組方針3) 東京2020大会開催への協力と気運醸成

東京2020大会を支えるボランティア育成を推進するとともに、ボランティア文化の定着を図ります。また、積極的に大会開催気運醸成に取り組むことで、東京2020大会を盛り上げていきます。

(取組方針4) 文化振興及び国際交流の推進と平和意識の高揚

東京2020大会の開催を契機としてスポーツのみならず、文化に親しむ環境づくりを推進し、地域文化や国際文化の理解促進を図ります。また、オリンピック憲章の精神を鑑み、平和な社会の実現を目指し、平和意識の高揚に取組んでいきます。

(取組方針5) 観光及び産業の振興と多言語対応

観光ボランティアの育成に努め、市の産業や観光に関する魅力を国内外に向けて発信していきます。また、公共施設、市内の表示、案内板及び標識の多言語対応を推進します。

 

取組方針全文

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた東大和市取組方針.pdf [ 196 KB pdfファイル]