東京で3年ぶりに起こる部分日食を見ましょう。最も欠けるのは10:05です。

太陽の表面の様子(黒点やプロミネンス)も観察しましょう。

お気軽にお越しください。

※太陽は肉眼でも直接見ると目を傷めます。直接見るには日食めがねが必要です。(望遠鏡や双眼鏡は日食めがねを使っても直接見るのは危険です。)

簡単な観察のためのシートを館内で配布していますのでご利用ください。
ご家庭でもできる観察方法を紹介しています。

日時

 2019年1月6日(日曜日)
   午前9時~11時30分(日食は午前8時43分から始まっています)
 ※時間内ならいつでも参加できます。

※天候により中止となる場合があります。

場所

 郷土博物館 前庭

案内

 星空ボランティア、郷土博物館天文担当職員