冬のプラネタリウム一般番組「宇宙の話をしよう」

  • ツイッターでツイート(外部リンク・新しいウィンドウで開きます)
  • フェイスブックでシェア(外部リンク・新しいウィンドウで開きます)
  • ラインでシェア(外部リンク・新しいウィンドウで開きます)

ページ番号1008945  更新日 2023年12月4日

印刷大きな文字で印刷

番組紹介

水に浮くものっていったら、何を思い浮かべますか?「土星」って、答えたのはミーちゃんという女の子でした。
NASA(アメリカ航空宇宙局)の技術者である父とあふれんばかりの宇宙への興味を持っている娘のミーちゃんとの対話をとおして、宇宙のふしぎや宇宙探査の歴史を丁寧にひも解きます。
特に、ロケット開発の歴史にスポットを当てて紹介します。単なる解説だけでなく、宇宙が大好きな子たちと興味を共有して、その夢を応援することを目指した、ステキなお話です。
NASAの技術者として、宇宙開発の最前線で活躍する小野雅裕原作の児童書がプラネタリウム番組になりました。
番組冒頭で原作者からのメッセージも紹介します。

前半は季節の星空をプラネタリウムで紹介します。

写真:冬のプラネタリウム一般番組ポスター
©小野雅裕/コルク/コスモプラネタリウム渋谷/スターライトスタジオ

投影情報

投影期間

2023年12月9日(土曜日)~2024年3月10日(日曜日)

投影開始時間

期間中の平日、土曜日・日曜日・祝日午後3時(休館日を除く)

投影時間は約45分です。

※12月23日(土曜日)、24日(日曜日)は季節の投影「クリスマス投影」のため、
12月27日(水曜日)は中高生のプラネリウム発表会のため、「宇宙の話をしよう」
の投影はありません。

 

※投影途中での入退場はできません。時間に余裕をもってお出かけください。

期間中の休館日

月曜日(1月8日、2月12日は開館)、12月28日(木曜日)~1月4日(木曜日)、1月9日(火曜日)、2月13日(火曜日)、2月27日(火曜日)

郷土博物館の休館日は次のページをご覧ください。

場所

郷土博物館プラネタリウム

観覧料

大人300円、小・中学生100円、未就学児は無料

備考

このほかのプラネタリウム番組については、「冬のプラネタリウム番組と投影時間」をご覧ください。

このほか、郷土博物館のイベント、利用案内は郷土博物館トップページをご利用ください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

郷土博物館
〒207-0031 東京都東大和市奈良橋1-260-2
電話:042-567-4800 ファクス:042-567-4166
郷土博物館へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。