ワクチン初回接種(1・2回目接種)について

接種対象者

12歳以上の市民

※5歳~11歳の小児接種については、「5歳~11歳のワクチン接種(1・2回目接種)について」をご覧ください。なお、接種が可能な方は、接種日当日に満5歳~満11歳の方です。対象者でない場合は、当日接種できませんのでご注意ください。

接種について

市内の医療機関で接種を受けたい方は「個別接種について」をご覧ください。

※集団接種会場における12歳以上の方の初回接種(1・2回目接種)の実施は、令和4年3月2日(水曜日)で終了しています。個別医療機関での接種をご検討ください。

接種費用

全額公費で行うため、無料で接種できます。

ワクチンの有効性と副反応

ワクチンの有効性と副反応のリスクを事前にご理解いただいた上で、接種を受けるかどうかお考えください。詳しくは、厚生労働省ホームページ(外部リンク)をご覧ください。

副反応が起きた場合

予防接種によって健康被害が生じ、医療機関で治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に予防接種法に基づく救済が受けられます。

新型コロナウイルスワクチンを口実にした詐欺について

自治体の職員を装い、「新型コロナウイルスワクチンの予約を受け付けている。予約金が必要だ」などと金銭を要求する電話が確認されています。行政機関が、新型コロナウイルスワクチン接種に関して現金を要求することはありません。