昭和初期の多摩地域には、数多くの軍事施設や軍需工場が設置されました。

 これらの施設は米軍の重要な攻撃目標となり、多摩の各地は大小いくたびもの攻撃を受け、多くの方が犠牲になりました。

 多摩の地域には攻撃による被害の痕跡や軍事施設の一部など、戦争の事実を伝える「戦跡」があちこちに現存し、私たちの生活のごく身近な場所で戦争があったことを教えてくれています。あらためて平和の大切さを考えてみましょう。

開催日時

平成29年8月1日(火曜日)~8月31日(木曜日)

午前9時~午後5時

※月曜日、8月15日(火曜日)は休館

料金

無料

場所

郷土博物館エントランスロビー

 

東大和南公園内の旧日立航空機株式会社変電所は、東大和市指定文化財です。