植物画(ボタニカルアート)とは、草花の形・色などの特徴を正しくとらえ、表した絵のことです。
カメラがなかった昔から現在に至るまで、植物画は細部を巧みに表現するため、植物学に不可欠な存在です。

さらに芸術的な観点からも注目を浴び、たくさんの方が植物画に親しんでいます。

この展示をきっかけに、植物・自然に目を向け、植物画への関心を高めていただけたら幸いです。

期間

11月3日(祝日)~12月3日(日曜日)

会場 

郷土博物館企画展示室(1階)

時間

午前9時~午後5時