明治時代は、近代化に向けて日本の社会が大きく変革した時代です。その激動の時代、東大和の人々はどのような想いをもっていたのでしょうか。

 明治11年には、多摩で初めてと言われる学習結社「衆楽会」が東大和で開講します。開講式の祝辞では、「いなかに住む者であっても旧態依然とせず、各々切磋琢磨して、天下の通義を悟るために役目を果たすための会とすべき」とあり、文明開化の視点を持っている人びとがいたことがわかります。

 そのほか、東大和の最大の産業であった養蚕・機織関連、子どもたちが学んだ教科書、役場で使用した印鑑など市内に残る資料を中心に、明治時代の暮らしを紹介します。

 また、9月21日(金曜日)~24日(振替休日)の期間限定で東大和とゆかりのある千葉卓三郎が起草した五日市憲法草案を展示します。

 9月24日(振替休日)には、講演会と朗読劇も行います。
ぜひご来場ください。

期間

平成30年9月15日(土曜日)~10月21日(日曜日)

※ただし、下記の日は休館日です。
 9月18日(火曜日)、9月25日(火曜日)、10月1日(月曜日)、10月9日(火曜日)、10月15日(月曜日)

特別展示

千葉卓三郎が起草した五日市憲法草案(原本)を期間限定で展示します。

展示期間:9月21日(金曜日)~24日(振替休日)

時間

午前9時~午後5時

会場

東大和市立郷土博物館 1階企画展示室

観覧料

無料

関連イベント

朗読劇と講演会

東大和の自由民権運動をテーマにした朗読劇と、五日市憲法を発見した新井勝紘氏による講演会を開催いたします。

日時:9月24日(振替休日) 9時30分~11時30分 ※当日先着400名

会場:中央公民館ホール(東大和市中央3-926) TEL 042-564-2451

  • 講演会 五日市憲法発見者に聞く「東大和の自由民権運動と千葉卓三郎~五日市憲法発見50年をふりかえって~」

   五日市憲法を発見し、その後長く研究されている新井氏にお話しいただきます。
   講師:新井 勝紘氏(元専修大学教授・元東大和市史編集委員)

  • 朗読劇 「東大和の自由民権運動とそれを支えた人々」

   市民大学朗読劇の会による、東大和の自由民権運動に関わった人々の群像劇
   出演:市民大学朗読劇の会

販売

「東大和市史資料編10 近代を生きた人びと」

東大和の自由民権運動と千葉卓三郎について紹介しています。

価格:2,000円

販売場所:郷土博物館・東大和市役所社会教育課(5階)・各公民館

お問合せ

東大和市立郷土博物館(東大和市奈良橋1-260-2)

TEL 042-567-4800 FAX 042-567-4166