変遷所の写真

軍需工場の変電所

昭和13(1938)年、北多摩郡大和村(現在の東大和市)に軍用機のエンジンを製造する大きな軍需工場が建設されました。

東京瓦斯電気工業株式会社(翌年、合併により「日立航空機株式会社」となる)立川工場です。工場は拡張を続けながら操業し、昭和19(1944)年には、従業員数13,000人を数えるほどの規模となります。

工場の北西部にある変電所は、高圧電線で送られてきた電気を減圧し、工場内へと送る重要な施設でした。

工場への空襲

太平洋戦争末期になると、軍需工場が集中していた多摩地域は、数多くの空襲を受けることとなります。この工場でも昭和20(1945)年の2月17日、4月19日、4月24日に受けた3回の攻撃で、工場の従業員や動員された学生、周辺の住民など100人を超える方が亡くなりました。4月24日の空襲では、工場は8割方壊滅したといわれています。

変電所も窓枠や扉などは爆風で吹き飛び、壁面には機銃掃射や爆弾の破片による無数のクレーター状の穴ができました。しかし鉄筋コンクリート製の建物本体は、致命的な損傷をうけなかったのです。

戦後も現役で活躍

戦争が終わると、工場はスレートや編み物機の製造など平和産業に転換し、自動車会社との合併や社名変更などを行いながら、平成5(1993)年まで操業を続けました。

その間、変電所は主要設備機器の更新をしながら、工場へ電気を送り続けていました。しかも、外壁に刻まれた生々しい爆撃の傷跡や内部の一部にも痕跡を残したままの状態で使われていたのです。

戦争を伝える文化財として

平成5(1993)年、変電所を含む工場の敷地は、都立公園として整備されることになり、変電施設としての役割を終えました。

しかし、地域住民や元従業員の方々の強い要望により、変電所の建物はそのままの場所で保存されることになりました。

戦争で多くの尊い命が犠牲になったことを、誰よりも雄弁に物語ってくれるこの変電所を、東大和市は平成7(1995)年10月1日に文化財に指定し、後世に伝えることにしたのです。

多数の弾痕が残る外壁は、当時の攻撃の凄まじさを教えてくれます。戦争の怖さや悲惨さ、そして平和の尊さを、この変電所をとおして感じていただければと思います。

変電所の見学について

外観の見学は随時。

毎月、第2日曜日の午後1時~4時は、文化財ボランティアの協力により、1階内部を一般に公開しています。
申込みは不要ですので、公開日時に直接現地へお越しください(悪天候等の理由で、公開時間の短縮や中止とする場合があります。公開の有無は郷土博物館までお問合せください)。
直近の公開日は、郷土博物館のページに掲載しています。

また、学校等の団体見学は、公開日に関わらず可能な限り対応します。
日程等調整のため、事前に東大和市立郷土博物館(電話042-567-4800)までご連絡ください。

交通

西武拝島線・多摩モノレール「玉川上水」駅より徒歩5分、都立東大和南公園内

変電所保存のための基本方針について

東大和市では、老朽化が進んだ変電所を保存していくため、新たな修復工事を計画しています。

そのための基本方針について決定しました。

基本方針(概略版).pdf [ 173 KB pdfファイル]

また、変電所の保存に向けて、ふるさと納税を募集しております。詳しくはこちらのページをご覧ください。