日本女子フルマラソン大会開催地記念事業

昭和53年(1978)年4月16日、多摩湖畔を3周するコースで、第1回女子タートルマラソン全国大会(社団法人日本タートル協会主催)が行われました。最高齢71歳を含め49人がフルマラソンに挑み、そのうち46人が完走しました。外園イチ子さんが3時間10分48秒というタイムで優勝したこの大会は、女性だけで健脚を競う日本初の女子フルマラソン大会と言われています。
多摩湖の上・下の貯水池はもちろん、マラソン大会のコースとなった多摩湖の周遊道路の約13.6キロメートルのほとんどの部分を当市が占めていました。

この日本初の女子フルマラソン大会開催地としての歴史を後世に伝えるため、平成25年度に記念碑建立及び記念事業を実施しました。

 平成26年3月21日 除幕式の様子

 平成26年3月21日 除幕式の様子

「水の精像」と尾崎市長

 「水の精像」と尾崎市長

 多摩の魅力発信プロジェクト 

多摩の魅力発信プロジェクトホームページはこちら(外部リンク)