タイトル へびのステッキ
場所 東大和市南街5丁目栄公園
設置日 平成6年3月31日
材質 白御影石
サイズ 高さ170×幅75×奥行き75センチメートル
 

モニュメント へびのステッキの写真
 
(作品紹介)
  第二次世界大戦の頃のことです。現在の玉川上水駅付近は、雑木林が続く少年たちの遊び場で、そこには、縞蛇(しまへび)や青大将(あおだいしょう)、地もぐりがたくさんいたそうです。
 当時、地方から日立航空機に動員された青年の中に、へび取り器を使ってへびを捕まえるのが上手な人がいました。
  取ったへびの肉は、串に刺して醤油をつけて焼いて食べたそうです。
  また、残ったへびの皮は、水にさらして風とおしのよい場所で陰干しし、乾燥させると皮が棒にぴったり張り付いて、立派なステッキができたということです。
 
-東大和のよもやまばなしから-