タイトル 用水工夫
場所 東大和市野火止用水入口付近
設置日 平成5年1月27日
材質 ブロンズ
サイズ 高さ250×幅50×奥行き65センチメートル
 

モニュメント 用水工夫の写真 (作品紹介)
  野火止用水は承応四年(1655)、徳川幕府の老中松平伊豆守信綱によってつくられ、小川村の分岐点(現在の小平市中島町)から新河岸川まで六里(約24キロメートル)を四十日間で堀り通したといわれる用水路です。この用水のおかげで、用水周辺の田、畑がうるおい、米の取れ高は十倍にもなったそうです。
  また、美術工芸品の設置されたこの場所の町名は新堀といいますが、この掘りができたときに付けられたといわれる新堀という小字名を採用したものです。
-東大和のよもやまばなしから-