タイトル 桜
場所 東大和市桜が丘
設置日 平成4年1月29日
材質 小松石
サイズ 高さ230×幅120×奥行き100センチメートル
 

モニュメント 桜の写真 (作品紹介)
  村山団地から東大和市駅を抜けて小平へ向かう旧青梅街道は、かつて江戸街道とよばれた美しい桜並木になっていました。
  この桜並木は明治十五、六年頃に植えられ、小学校の遠足の場所でもありました。また、並木道を使って運動会が行われたりしたそうです。
  この見事な桜並木も昭和二十年四月二十四日の空襲で付近がほとんど壊滅状態になり、大部分がなくなってしまいました。
  市では、桜並木を復活させるため、この道路の街路樹に桜を植え、道路の愛称も桜街道としました。
-東大和のよもやまばなしから-