タイトル 俵かつぎ(たわらかつぎ)
場所 東大和市上仲原公園
設置日 平成3年3月15日
材質 白御影石
サイズ 高さ350×幅150×奥行き300センチメートル
 

モニュメント 俵かつぎの写真1 (作品紹介)
  麦まきも終わり、畑仕事も一段落した「えびす講」の日(十一月二十日)には、村の青年団の運動会が行われていました。
  大正八年、高木村外五か村組合が合併して大和村となったので、それまで各村々でやっていた運動会が合同で行われることになりました。どの競技も観衆をわかせましたが、中でも花形は六十キロの土俵(つちだわら) をかついで百メートルを走る俵かつぎ競争でした。
  村一番の力持ちを決めるこの競争には、一段と応援の熱が入りました。
-東大和のよもやまばなしから-
モニュメント 俵かつぎの写真2