タイトル 馬方勝っつぁん
場所 東大和市奈良橋市民センター内
設置日 平成3年3月19日
材質 ブロンズ
サイズ 高さ120×幅93×奥行き34センチメートル,高さ120×幅35×奥行き34センチメートル
 

モニュメント 馬方勝っつぁんの写真1 (作品紹介)
  今は、すでに湖底に沈んでしまった内堀集落に、お酒の好きな体格の良い馬方さんが仕事に来ていました。
  その馬方さんは名前を「勝っつぁん」と言い、朝早くから馬車を引き、所沢の問屋から仕入れた注文の品物を、得意先に配達して回るのが毎日の仕事でした。
  働き者の勝っつぁんは、お酒が何よりも楽しみにしていたので、時には酔っ払ってしまうこともあり、見かねた店の主人が馬に「家まで送っておくれ」と頼むと、馬はわかった様子で勝っつぁんが落ちないようにゆっくりと歩いていったということです。
-東大和のよもやまばなしから-
モニュメント 馬方勝っつぁんの写真2