ページの先頭です 本文へスキップ
  • 日本語
  • English
  • 中文
  • 한국어

Easy Web Browsing 起動ボタン

ホーム

ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
このページの場所は次のとおりです ここからページの本文です

プラネタリウム

プラネタリウム投影機郷土博物館のプラネタリウム投影システムを紹介します。 

「MEGASTAR(メガスター)-2B」が映し出すリアルな星空

 プラネタリウムクリエーターとして、活躍している大平貴之氏が開発した「メガスター」が驚異の表現力でドームいっぱいに満天の星空を映し出します。

映し出された星空はまるで本物の星空のようです。天の川の星ひとつひとつまで、きちんと星として表現され、星雲や星団までもみることができます。

東京のプラネタリウム館としては、初の「メガスター2B」です。メガスターの星空で星座解説をお楽しみください。

デジタルプラネタリウムシステムでドームいっぱいに映し出す映像

デジタルプラネタリウム 「ステラドームプロ」

空いっぱいに星座の絵を映し出したり、星の線で結んだり、星の動きを軌跡で描いたり、従来よりもずっと豊かな表現ができるようになりました。

過去や未来の天文ショーをたちどころに再現します。まるでその場所にいってみてきたかのように、将来の皆既日食や過去の大流星群などを映し出します。まるでタイムマシンのようです。

日ごとに変わる月の形や満ち欠けの様子も宇宙からみれば、すっきりわかります。さまざまな見方でわかりやすく表現ができるようになりました。宇宙旅行をして、土星や火星に出かけましょう。

デジタル投影システム 「HAKONIWA3」

3台のプロジェクターを使って、ドームいっぱいに迫力ある映像を映し出します。

※プラネタリウム投影の利用についてはこちら

 

 メガットくんのちょこバスが市内を走っているよ。

ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる