市では、今後の学校給食のあり方について検討を重ねてきました。平成24年11月、東大和市がめざす学校給食の基本理念に基づき、具体的な施設整備の考え方等を示した「東大和市学校給食基本計画」を策定しました(平成25年12月10日掲載)。

東大和市学校給食基本計画 [1078KB pdfファイル]

計画は、市政情報コーナー(市役所3階)、第一・第二給食センター、図書館でも閲覧できます。

主な内容

  • 市内の小・中学校全校に引き続き完全給食を提供する。
  • 給食は、給食センターにて調理し、各校に配送する。
  • 桜が丘市民広場東部分の約3,100平方メートルに給食センターを建設する。
  • 安全で安心な学校給食を提供するために、学校給食衛生管理基準に対応した施設とする。
  • 現在使用中のランチ皿に代わり、個々食器を導入する。
  • 食育の推進、アレルギー対応の充実に資する施設とする。

なお、建設日程について、下記のとおり変更します(平成25年6月)。

「東大和市学校給食基本計画」では、平成25年度に基本・実施設計を行う予定でしたが、東京都環境確保条例に基づく土壌汚染調査結果を踏まえたうえで、設計業務に着手するため、平成25年度に設計業務のうち基本設計を行い、実施設計については平成26年度に行うことにしました。このため、新学校給食センターの稼働を平成29年4月に延期します。

項目 変更前 変更後
基本設計 平成25年度 平成25年度
実施設計 平成25年度 平成26年度
建設工事 平成26年度から27年度

平成27年度から28年度

稼働 平成28年4月 平成29年4月

今後、この計画に基づき、新給食センターの建設を進めていきます。
 

東大和市新学校給食センター建設事業については、こちらをご覧ください。

また、新学校給食センター建設用地の土壌汚染調査については、こちらをご覧ください。