学校給食の目標

学校給食は食事をすることだけでなく、次のような目標のもとに、教育の一環として行われています。

 学校教育の目的(児童・生徒の心身の健全育成)を実現するため、学校教育を通して

  1. 適切な栄養の摂取による健康の保持増進を図る。
  2. 日常生活における食事について正しい理解を深め、健全な食生活を営むことができる判断力を培い、及び望ましい食習慣を養う。
  3. 学校生活を豊かにし、明るい社交性及び協同の精神を養う。
  4. 食生活が自然の恩恵の上に成り立つものであることについての理解を深め、生命及び自然を尊重する精神並びに環境の保全に寄与する態度を養う。
  5. 食生活が食にかかわる人々の様々な活動に支えられていることについての理解を深め、勤労を重んずる態度を養う。
  6. 我が国や各地域の優れた伝統的な食文化についての理解を深める。
  7. 食料の生産、流通及び消費について、正しい理解を導く。 

 などを身につけることにより、児童・生徒の食に関する正しい理解と適切な判断力を養ううえで、重要な役割を果たしていきます。

 (学校給食法から) 

 

東大和市学校給食の基本理念・基本方針

東大和市の子供たちが充実した食生活及び望ましい食習慣の形成によって「生きる力」を獲得していくために、学校給食が果たす役割は非常に大きいといえます。学校給食の目標及び東大和市教育目標を達成するために、東大和市学校給食の基本理念及び基本理念を実現するための基本方針を次のように定めます。

基本理念1 安全で安心な学校給食の提供

安全な食材を使用し、衛生管理を徹底した環境で調理した給食を提供することにより、学校給食に対する安心を確保します。また、増加傾向にあると言われる食物アレルギーを持つ児童・生徒への対応にも留意します。そのために学校給食衛生管理基準に則した施設・設備の整備を行います。

  • 基本方針1 食材については、できる限り国産である、添加物がない、遺伝子組換えでないなど安全性の確認されたものを使用します。
  • 基本方針2 学校給食衛生管理基準 を遵守し、調理環境の安全を守ります。
  • 基本方針3 食物アレルギー対応が可能となる設備を設けます。
基本理念2 魅力的な学校給食の提供

児童・生徒がいろいろな食材・料理を経験できるようメニューの組み合わせを工夫することによって、魅力ある献立づくりを進めます。

  • 基本方針1 季節の食材や地場農産物を取り入れ、さまざまな調理機器を活用することにより、より幅広い献立の実現を目指します。
  • 基本方針2 削り節や昆布から作る「だし」、カレー・シチュー類の「ルウ」、デザートなどを含めて、手作りを心がけます。
基本理念3 生きる力を身につけるための食育の推進

学校・家庭・地域と連携し、学校給食を生きた教材として積極的に活用することにより、児童・生徒の食に関する理解を深め、自己の健康管理に必要な栄養素・食材・料理等を選択する力を養う「生きる力を身につけるための食育」を推進します。

  • 基本方針1 個々食器を導入します。献立内容にふさわしい食器、年齢に応じた大きさの食器を用いることで正しい食事の姿勢を身につけ、必要な食事量・栄養価を確保します。
  • 基本方針2 栄養士等が各学校を訪問し、学校と連携して栄養素や食材等に関する食育授業を行います。
  • 基本方針3 生産者の協力を得て、東大和市産の地場農産物を積極的に給食に取り入れることにより、児童・生徒の地元の食材に対する理解を深め、食べ物や生産者に感謝する気持ちを育てます。
  • 基本方針4 児童・生徒、保護者による給食センター施設見学・試食会を積極的に受け入れます。
基本理念4 学校給食の安定的な提供

学校給食を安定的に提供するために、合理的で効率的な施設整備・運営を行います。

  • 基本方針1 今まで2施設あった給食センターを一箇所にまとめ合理的に整備・運営します。
  • 基本方針2 施設整備にあたっては、施設自体の耐震化等安全を確保し、省エネルギー・省資源に配慮した施設とします。
  • 基本方針3 調理員の作業動線を確保し作業効率のよい施設とし、エネルギー効率、ひいては経済効率の向上を目指します。
  • 基本方針4 長期的な視野に立ち設備を更新するなど、計画的な維持管理を行います。
  • 基本方針5 運営にあたっては、民間活力の導入を検討するなど、業務の効率化を図ります。