ページの先頭です 本文へスキップ
  • 日本語
  • English
  • 中文
  • 한국어

Easy Web Browsing 起動ボタン

ホーム東大和市公式ホームページ

ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
このページの場所は次のとおりです ここからページの本文です

東大和市創業支援事業を受けて創業された方々をご紹介します!

東大和市創業支援事業を受けて創業された方々をご紹介します!

東大和市は国(経済産業省・総務省)から「創業支援事業計画」の認定を受けて、創業を希望する方々の「想いをカタチに」する支援を行っております。
このページは、「東大和市創業支援事業」を受けて自らの「想いをカタチに」された方々(創業された方々)をご紹介いたします。この機会にぜひ知っていただき、味わっていただき、お取引いただくための一助となってもらえればと考えております。東大和市はこれからも創業希望者のための支援を連携機関(中小企業大学校東京校(BusiNest)、東大和商工会)と共に実施して参ります。 

☆コミュニティカフェ笑し部亭☆

☆平成27年度に実施した「東大和市創業塾」を受講し、東大和市の南街でコミュニティカフェをオープン。落ち着いた雰囲気の中で健康的な美味しいお料理を堪能されてみてはいかがでしょうか?笑し部亭様は、平成28年4月23日、24日に開催された「第5回うまかんべぇ~祭」に創作メニュー「ひがしやまと茶うDON茶うDONSWEETS(ひがしやまと茶うどんに黒蜜をからめ、全国各地から厳選した栗や黒豆、小倉あんなどをトッピングした和スイーツ)」で出店され、当日来場されたお客様にも好評でした。 

東大和創業塾を受講した感想  

創業塾に参加して良かった点として

  1. 企業を思い立って創業するまでに必要なことを順序立てて整理することができた。
  2. また、そのために必要な知識を習得できた。
  3. 中小企業大学校の講師の先生がお店に来て下さり、励ましやアドバイスをいただけて嬉しかった。

なお、ひがしやまとちゃうちゃうスイーツについては、ランチデザートとして平成28年5月からご提供しており、お客様には好評です。その際、市がうまかんべぇ~祭を開催しそれに参加したことや、東大和市にもご当地グルメが出来れば観光資源としていい事、また、ひがしやまと茶うどんが市の名産品であることなどお伝えしております。 

事業者情報

名前  コミュニティカフェ笑し部亭(わらしべてい)

代表者  内田裕子(うちだゆうこ)

住所  〒207-0014東京都東大和市南街2-58-7

電話番号  080-6056-3725

 ※詳細は笑し部亭ホームページをご覧ください。

 

 

☆バディーズバイトジャパン☆

☆平成27年度に実施した「東大和市創業塾」を受講し、東大和市の向原で創業。「日本のペットを愛する方々に試していただきたい、どれほど自分のペットが元気になるかを目で見ていただきたい」との思いからオーガニック100%のドッグフードの輸入・販売を始められました。利用者様から「食いつきが良い」、「喜んで食べてくれる」、「缶を見ると傍を離れない」などの声もあり好評とのことです。また、バディーズバイトジャパン様は、平成27年10月31日、11月1日に開催された「第46回東やまと産業まつり」や平成28年4月23日、24日に開催された「第5回うまかんべぇ~祭」にも出店されました。

東大和創業塾を受講した感想

参加者の目指すもの、それまでの経験、専門等が異なっていても創業に必要な事柄を提示して頂くことは大変意義があることと思います。100%理解することは無理です。それでも自分が目指す事業に当てはめてみると、事業に具現性がでてきます。事柄ごとに軽重はあっても、「TO DO」リストが見えてきます。
講師の方々も全てを理解できるとお考えではないと思います。創業にはそれなりの覚悟が必要だとおっしゃられているのだと思いました。お教えいただいたことは適宜見直し経験に裏打ちされた知識になっていくと考えています。
また、私のようにタイとアメリカ駐在で25年あまりを過ごした人間にとって知識習得もさることながら、人とのつながりづくりは何より大事でした。創業塾参加後、市役所、ビジネストそして商工会等から適時アドバイスを頂けることは参加前には想像できないことでした。前述の講義内容も分からないことがでてきたら、また聞きに行くこともできます(と思っています)。これは強みです。
私は最年長でした。この年になると、一番後ろからでも講義を拝聴できる機会は貴重なものでした。

事業者情報

名前  バディーズバイトジャパン

代表者  吉田孝(よしだたかし)

住所  〒207-0013 東京都東大和市向原2-1039-8

電話番号  042-562-0153

※詳細はバディーズバイトジャパンホームページをご覧ください。

 

 

☆ことの葉舎☆

☆平成27年度に実施した「東大和市創業塾」を受講。東大和市創業支援事業における連携機関である中小企業大学校東京校BusiNest(ビジネスト)のオフィスを活動拠点として事業を開始され、主にテープ起こし(音声起こし)、word・PPTレイアウト等を中心に「言葉」や「文書」を活用した「言葉のサービス」を行っています。また、代表者の原田様の活動は幅広く、東大和・武蔵村山・東村山・小平の地域情報誌「たまきたPAPER」の発行や、地域情報サイト「たまきたWEB」の運営などがメディアに取り上げられるなど多方面でご活躍されております。

東大和創業塾を受講した感想

私は東大和市創業塾の1期を受講し、経営の基礎を学んで『たまきたPAPER』という地域情報誌の新事業を立ち上げました。創業塾で「夢を実現するには具体的に何をしなければいけないか」を考えたことで、ビジネスとしての情報誌発行をスタートすることができたと思っています。
修了後は受講生同士で有志会を結成し、現在も講演会、懇親会などの活動をしています。有志会の仲間と事業の進捗を報告し合い、叱咤激励し合うことが、創業活動中の心の支えになっています。
これからも創業塾で学んだことや人とのつながりを大事にしながら、地域に貢献できる情報誌を発行していきます。 

事業者情報

名前  ことの葉舎(ことのはしゃ)

代表者  原田文恵(はらだあやめ)

住所  〒207-8515東京都東大和市桜が丘2-137-5 中小企業大学校東京校東大和寮3F BusiNest オフィスA422

電話番号  042-507-2385

※詳細はことの葉舎ホームページをご覧ください。

※ことの葉舎様が運営するたまきたWEBはこちらをご覧ください。

※ことの葉舎様が発行しているたまきたPAPER4月号 [28769KB pdfファイル] はこちらをご覧ください。

 

 

アドビリーダーのダウンロード

アドビホームページへ

PDFで作成しているファイルの閲覧にあたっては、adobe(アドビ)社が無償配布しているAdobe Reader(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない場合は、次のアイコンボタンをクリックして、adobe(アドビ)社のホームページからダウンロードしてください。

 

 

       戻る  ページの先頭
ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる