市では、東大和市創業支援事業計画に基づき、創業希望者を対象とした「東大和市創業塾」を開催しました。当創業塾では、創業するにあたり必要とされる知識である「経営」「財務」「人材育成」「販路開拓」の知識付与を目的として、東大和市商工会、(独)中小機構中小企業大学校東京校BusiNestと連携し創業塾を実施しました。

開催当日は28人の受講者の皆さんが「経営」及び「財務」の分野について知識の修得に努めました。

講師紹介及び講義内容

講義内容 創業への第一歩を踏み出そう(創業に求められる基本的知識とノウハウ) (1)創業に向けて基本となる考え方 (2)求められる基本的知識とノウハウ (3)経営に求められる基本知識

3月に開催した「東大和市創業塾プレセミナー」に引き続き、当創業塾の「経営」分野の担当及び市と共に創業塾全体のコーディネートを行なっていただきました。ありがとうございました!また、最終日においては、「ビジネスプランの作成」についてもご講義いただきます。 

講義内容 会計で過去と現在を知り、正しい経営判断をしよう(財務分野) (1)会計の重要性 (2)会計事務処理方法 (3)決算処理 (4)税金について (5)資金調達のポイント(資金繰り表の作り方) (6)会計データに基づく経営判断の実践

創業支援事業の連携機関である東大和市商工会からご紹介いただきました横山氏。当創業塾の「財務」分野を担当していただきました。東大和市内で会計事務所を営まれており、ご自身の経験を踏まえた講義を行っていただきました。ありがとうございました。

講義の様子 

「事業(ビジネス)とは」から商品・サービスを考える視点、事業計画の基本、さらには創業成功者に共通するポイントまで幅広い内容の講義をしていただいた高島氏。「創業」は誰かにやらされるものではなく、自分自身で考え行動した結果の経営判断は自己責任である旨や「実践なくして成功無し」といった心構え等について、受講者の皆様は熱心に耳を傾けていました。

「財務」という分野については初めて勉強した事も多かったのではないでしょうか?創業するにあたっては必ず必要な知識となることから受講者の皆様も細目にノートをとっておりました。また、受講者の皆様からの質問等も多かった中においても横山氏は丁寧なアドバイスをしていただきました。

※第2回は7月11日(土曜日)に(独)中小機構中小企業大学校東京校BusiNest3Fセミナールームにて開催します。