東大和市におけるアクセシビリティへの取り組み

東大和市では、ウェブアクセシビリティへの配慮のため、JIS(日本工業規格)の「JIS X 8341-3:2010『高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器、ソフトウェア及びサービス- 第3部:ウェブコンテンツ』」及び、総務省「みんなの公共サイト運用モデル 改定版(2010年度)」の内容を踏まえて、「東大和市ウェブアクセシビリティガイドライン」を定義し、ウェブアクセシビリティの向上に取り組んでいます。

ウェブアクセシビリティガイドラインで定める配慮項目は下記のとおりです。
内容は必要に応じて順次修正を加え、柔軟に対応していくよう努めます。
 

配慮項目

ページ作成上の配慮

  • ページタイトルについて
    ページタイトルは利用者が判りやすく内容を識別できる名称にします。
    また、同じページタイトルが複数存在しないように配慮します。
  • 見出しや段落を適切に設定する
    ページ作成に当たり、文章のまとまり(段落)ごとに、見出しを設定します。
    また、見出しは段落の内容を判りやすく表現します。
  • 箇条書きを行う
    同じ段落の中で項目ごとに書き分けて並べる場合には「・」や「1,2,3」などの文字を用いて行うのではなく、専用の文法(リストタグの指定)を用いて箇条書きをします。

表記に関する配慮

  • 略語を用いない
    日付や金額等の表記は、「/」「( )」「¥」等の文字を用いて行うのではなく、「○月○日○曜日」「○○円」と表記します。
  • 色や形、文字の大きさで情報を表さない
    「赤色の箇所は必須項目」「★マークのものを持参」等、色や形のみで情報を表しません。
  • 機種依存文字を使用しない
    利用しているOS等により表示できない場合がある機種依存文字は使用しません。
  • 読み上げ順に考慮する
    音声ブラウザでの読み上げを考慮してページを作成します。
  • 位置調整目的のスペースを使用しない
    読み上げに考慮し、単語間にスペースを使用しません。

文字入力時の配慮

  • 文字色・背景色に配慮する。
    文字色や背景色のコントラストに配慮し、内容を識別しやすい色の組み合わせを使用します。

画像を使用する際の配慮

  • 代替テキストを設定する。
    画像に意味がある場合、画像の説明を代替テキストとして設定します。
  • 変化や移動する画像・文字を使用しない
    変化や移動する画像、テキスト等は使用しません。
    画面に表示される内容は点滅させないようにします。
    GIFアニメや、点滅・移動するテキストは使用しません。

表を使用する際の配慮

  • 表を用いる場合は表のタイトル、項目見出しを設定する。
    音声ブラウザが表であることを認識できるよう、表のタイトル(キャプション)や行列の項目見出し(ヘッダー)を設定します。
    ただし、レイアウトのために表を使うような場合には、上記の設定はしません。
  • 複雑な構成の表はできるだけ作成しません。
    読み上げが困難となるような表は、できるだけ別の表現をするようにします。

リンクを設定する際の配慮

  • リンクはリンク先を想像できる内容にします。
    リンクをはる場合は、「こちら」等の文字のみをリンクにせず、「○○はこちら」のような設定にします。

添付ファイルを使用する際の配慮

  • ファイルの種類やサイズを明記します。
    添付ファイルのリンク文字にはファイルの種類やサイズを明記します。
  • 添付ファイルを閲覧するためのプログラムのダウンロードページへのリンクを同一ページ内に準備します。
    PDFファイル等、専用のソフトがインストールされていないと閲覧することができない内容がある場合は、ダウンロード先のURL等を明記します。

ホームページ全体に対する配慮

  • 統一されたデザインや操作性を提供します。
  • 目的のページへの複数の到達手順を用意します。
  • パンくずリストを全てのページに設定します。
  • 自動的に別ページに移動したり、ページの更新を行ったりしません。
  • フレームを使用しません。
  • マウスだけでなくキーボードでも操作できるようにします。
    また、キーボードのフォーカスの状態が視覚的に認識できるようにします。


東大和市では、アクセシビリティへの対応を目標に掲げて作業を行いましたが、視覚的な効果を意図して作成されたものなど、文字表現が困難なページやコンテンツが一部存在します。
また、外部サイトで扱われているもののなかに対応不十分なものが存在します。

東大和市では、当市が管理するウェブコンテンツについて、順次アクセシビリティの確保に努めます。