東大和市では、「JIS X 8341-3:2016(平成28年3月22日経済産業省改正)」及び「みんなの公共サイト運用ガイドライン(2016年版)(平成28年4月20日総務省公表)」に基づき、東大和市公式ホームページにおけるウェブアクセシビリティの確保及び向上を目指します。

 

1 ウェブアクセシビリティとは

「高齢者や障害者を含めて、誰もがホームページ等で提供される情報や機能を支障なく利用できること」を意味します。 

2 JIS X 8341-3:2016とは

JIS X 8341-3は、2004年に制定されたウェブアクセシビリティの日本工業規格(JIS)で、ホームページ等を高齢者や障害者を含む誰もが利用できるものとするための基準が定められています。その後、2度の改正を経て、現在はJIS X 8341-3:2016として公示されています。 

JIS X 8341-3はこちらで検索・閲覧ができます(日本工業標準調査会ホームページへ外部リンク)

3 みんなの公共サイト運用ガイドライン(2016年版)とは

みんなの公共サイト運用ガイドラインは、JIS X 8341-3の制定を受け、国及び地方公共団体等の公共機関が、ウェブアクセシビリティの確保・維持・向上に取り組む際の支援を目的として、総務省が2005年度に策定した手順書で、1度の改正を経て、現在は、みんなの公共サイト運用ガイドライン(2016年版)として公表されています。 

みんなの公共サイト運用ガイドライン(2016年版)はこちらで閲覧ができます(総務省ホームページへ外部リンク)

4 対象範囲

東大和市公式ホームページ中の「http://www.city.higashiyamato.lg.jp」ドメイン配下の全てのページを対象とします。ただし、施行日において、以下のページについては、ウェブアクセシビリティ対応が困難であるため対象外とし、今後の検討課題とします。

(1)Googleカスタム検索結果のページ

(2)例規集検索のページ

(3)次のコンテンツを含むページ

ア PDF、Excel、Wordなどの文書ファイル
イ 動画ファイル
ウ 外部から提供されたサービス及び付随するコンテンツ(Googleマップなどの地図情報等) 

5 代替手段等の提供

上記4(3)に掲げるコンテンツのうち、対応可能なものについては、その内容を出来る限りページ本文に記載するように努めます。また、対応が困難なものについては、代替手段として、電話やメールなどにより説明を行うものとし、各ページの下部に問合せ先を明記します。 

6 目標とする取組水準・期限

平成29年12月1日までに、JIS X 8341-3:2016の適合レベルAAに準拠します。

(1)適合レベルとは

適合レベルとは、ウェブアクセシビリティ対応の達成程度を表すもので、達成程度の低い順にA、AA、AAAの3段階が設定されています。
みんなの公共サイト運用ガイドライン(2016年版)では、公共機関のホームページ等は、平成29年度末までに、適合レベルAAに準拠することが求められています。
なお、JIS X 8341-3:2016では、ページの作成時に対応すべき個別の要件として、適合レベルAは25項目、適合レベルAAは13項目、適合レベルAAAは23項目、合計61項目の達成基準が定められています。

(2)適合レベルAAに準拠とは

適合レベルA及び適合レベルAAに位置付けられている全ての達成基準を満たすことを意味します。 

7 施行日等

この方針は、決裁日(平成29年10月26日)から施行し、平成29年12月1日以後の東大和市公式ホームページの運用から適用するものとします。