その日の星空やいろいろな星の話題を紹介します。ふだんの投影とは違い、職員が直接お話をする投影(生解説)です。

投影日時

平成30年1月14日(日曜日) 午後1時から

※投影時間は50分程度

場所

郷土博物館プラネタリウム

内容

その日の星空で、見やすい星や星座のお話をします。

今回は2018年の天文ショーをプラネタリウムでシミュレーションしながら紹介します。

金星が夕空に見えるのはいつ?他の惑星はいつみえるの?

月食や流星群などもみてみましょう。

観覧料

大人300円、小・中学生100円(幼児は無料)

解説

郷土博物館職員

備考

投影途中での入退場はできません。

そのほかの投影については、冬のプラネタリウム番組ラインナップと投影開始時間をご覧ください。